トップページ

    このサイトでは分譲マンション売却におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「分譲マンション売却で高く売ることができるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションの売却であなたが所有しているマンションを高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に分譲マンションの査定の依頼をして、その査定額を比較する」ということです。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している分譲マンションを高く売ることができます。分譲マンションの売却というのは人生の大きなイベントなので、所有している分譲マンションを損しないように高く売却して、そのお金を有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるようにマンション専門のマンション売却の査定サイト。分譲マンションを査定する為に必要な入力事項も最短45秒程度で完了しますし、パソコンやスマホから一括査定の申し込みが出来ます。

    マンションの査定に特化したサイトなので、分譲マンション売却が得意な会社が参加しており、大手や地場を含めて全国の2500店舗の中から厳選した不動産会社を最大で9社紹介してくれます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや週刊誌にも取り上げられるくらいの人気サービスですので、「自分が所有する分譲マンションを少しでも高く売却したい」と思っている場合は利用して欲しいサービスです。

    また、他の一括査定サイトと違っている部分は賃貸価格の相場も分かるので、「長い期間地方に行くんだけど、将来的には帰ってくるので分譲マンションを売りたくない…。」と思っている人にもおすすめしたいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べてみるとわりと新しいサービスにはなりますが、加入している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめできるポイントです。
    さらに、実際に利用したユーザーから苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解約する事ができるようになっている為、評価の悪い不動産会社は排除し、人気の不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    国内大手の不動産会社から地元に密接した不動産会社まで広く参画しているので、「自分が所有している分譲マンションをできれば高価査定して欲しい」と考えているのであればおすすめの一括査定サイトです。

    分譲マンションの査定項目の入力も1分もあれば査定申込が出来るくらいシンプルで、最大6社から提示される分譲マンションの査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で無料で利用できます。とても画期的なサービスなので、これからさらに利用者の数も増えると思われます。






    イエイ

     イエイは、サイト開始から10年を超える運営実績があり、利用者数400万人以上という人気の不動産売却の一括査定サイト。長年の業績があるので、不動産会社の登録社数も1000社以上と大変多く、最大6社に分譲マンションの査定依頼ができ、その査定額を比較することができます。

    言うまでもなく、ブラック企業は徹底的に排除。これまでの不動産売却で結実されたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社だけを登録しているのです。

    主要な大手の不動産会社はもちろん、地域密着型の不動産会社からの査定金額も比べる事ができるので分譲マンションの標準価格など情報を集める為にも活用したいサイトです。
    公式サイトでは実際に分譲マンション売却で高く売ることができた利用者の声と査定金額も掲載されているので一度見てみて下さい。






    リビンマッチ

     リビンマッチは、サイトを開始してから10年以上も運営実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力していて、プライバシーマークを取得している企業なので安心して利用できます。

    利用者数も440万人を突破しており、加盟している約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで分譲マンションの査定を依頼することができます。
    「分譲マンションの売却は各会社で数百万も差が出ると聞いたので損するのは嫌だ」という思いがあるのなら、1社にとどまらず多数の不動産会社に分譲マンションの査定申し込みが可能な一括査定サイトを利用してください。

    公式のサイトでは最短45秒のかんたん入力で最大6社から出される不動産会社の査定金額を比較する事ができるのでおすすめしたいサイトです。
    リビンマッチのサービスを利用して分譲マンションの売却成立後、10分程度の電話取材に応じるとギフトカードが頂けるキャンペーンを実施中です。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年に運営を開始した国内初の不動産一括査定サイトで、運営歴は既に17年あり安心感があります。

    これまでの不動産売却の実績から悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業のみ約900社が提携しており、最大6社の不動産会社が分譲マンションの査定概算価格を提示してくれます。

    「分譲マンションを高く売りたいから査定相場をチェックしたいけど、不動産会社に1社ずつ査定依頼をするのは手間がかかる…」と思っている場合は、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出してくれた査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。査定相場を調べて分譲マンションを高く売るために是非使いたいサイトです。






    不動産売却コラム

    マンションや戸建を売る際に必要な経費といえば、仲介してくれた不動産業者へ支払う手数料、抵当権抹消費用や場合によっては住所や姓の変更登記にかかるお金、そのほかに印紙代が実費としてかかります。

    けして安くないのが不動産売買というものですし、支払わなくてはいけない仲介手数料も相応の額になるでしょう。

    それなら専門家に依頼せず、自分で一切の手続きをすれば仲介手数料などを払わずに済むと考える人もいますが、責任問題が生じる危険もありますし、手間暇もかかりますから、信頼できるプロに依頼する方が良いでしょう。

    土地や建物などの不動産を売る際は、さまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。

    通常は不動産業者に売買するため、どんな物件でも仲介手数料が必要になります。

    2800万円で取引された物件の場合、100万近い額を仲介業者に支払います。

    登記にかかわる司法書士への報酬のほか、印紙代は必須ですし、測量費が必要な場合もあります。

    つまり売値というものは諸経費等を勘案した上で決めるべきです。

    節税効果を狙い、世帯主と配偶者がどちらも働いている場合は、家の所有者名義が夫婦共有になっている例が珍しくなくなりました。

    ただ、名義を共同にする弊害もあります。

    複数人で共同所有している家を売る際は、共有名義人全員の許可をとらなければ取引は不可能です。

    離婚(事実婚の場合は同居解消)などの事情がある場合、離婚後の資産分割についての話し合いがきちんとなされていないと、家の売却もままならず、揉め事になる危険性もあります。

    大抵は、不動産の任意売却の話を耳にすると、そのメリットのみがピックアップされがちです。

    でも、あまり語られないだけで、マイナスの要素も少なくありません。

    任意ということは当然、競売のような強制売却方式ではないということなので、手間と労力がかかってしまうのは否めません。

    金融機関との話し合いや交渉、手続きは絶対にしなくてはいけないですし、内覧会への立ち会いなども必要なので、結構な負担になってしまいます。

    これだけの努力をしているのにもかかわらず、買い手がつかないことも珍しくありません。

    税金はマンションを売却した際にもかけられることが考えられます。

    譲渡所得税という名前の税金です。

    買った時の金額よりも売却が高価格で行われた時には、売買の利益にかかってくるのが譲渡所得税なのです。

    ただ、譲渡所得税は自分が住むための住居を売却時の特別控除などがあるので、今まで居住していたマンションを売った場合だと特別控除が適用され、譲渡所得税の対象にならないケースが大半です。

    一軒家を手離す時に起こるトラブルの中で頻繁なのは、専任媒介契約をしている不動産屋を無視する形で、仲介を受けていない買手とやりとりして、不動産業者に相談することなく、売買契約まで完了してしまうなどというケースです。

    これは契約違反にあたるため、仲介を頼んでいた不動産業者には物件の宣伝のために使用したお金や仲介手数料と同等の額の違約金を払って、埋め合わせる必要があります。

    契約の種類が一般媒介の方だった場合だと自ら購入者をみつけて契約しても、違約金を請求されることはないのです。

    とはいえ、不動産業者にとっては利益になりづらいこともあり、専任媒介の物件と比べて、積極性に欠けるところも多いでしょう。

    もしも、不動産物件が売れた時の価格が3000万円を超えなかったら、所得税、さらに、住民税の課税対象から除外してもらえる特例が適用されるでしょう。

    どうしてかといえば、物件の価格のうちの3000万円は特別控除対象として認められているからになります。

    そして、物件の買い換えをした場合に、マイナスが出てしまったのなら、全ての所得を合わせての損益通算も可能になります。

    ですが、それには条件に適合していなければならず、売った一軒家やマンションを5年を超えて所有していたこと、それに、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。

    大抵の場合、不動産を売却するときにいつ退去するかというのは決定権を持つのは売却側です。

    そうは言っても、誰かが住んでいるよりは、空き物件として売りに出されていた方が売値を上げられます。

    内覧をする顧客がいても、入居者がいる場合は嫌われる要因になってしまいますので、支障がなければ初期段階で退去が完了している方が有益な点が多くなると思います。

    なんといっても、内覧が不動産物件の売却の際には、買い手の購買意欲に大きな影響を与えるようです。

    内覧の前には購買意欲をなくさせないためにも、自分が買う立場だったらと仮定してみて、見落としがないか物件のコンディションを見直すことになります。

    普通、買手が探しているのは、明るくて広く、清潔感のある住み心地の良さそうな物件であることは間違いありません。

    魅力のある物件だとわかってもらうために、徹底した断捨離を行い、掃除も丁寧にするなど、お金をかけずにできることはしておくのがオススメです。