トップページ > 熊本県

    このページでは熊本県の分譲マンション売却におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「熊本県にある分譲マンション売却で高く売ることができるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションの売却であなたが所有しているマンションを高く売るために大切なことは、「熊本県にある複数の不動産会社に分譲マンションの査定の依頼をして、その査定額を比較する」ということです。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、熊本県にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している分譲マンションを高く売ることができます。分譲マンションの売却というのは人生の大きなイベントなので、熊本県にある分譲マンションを損しないように高く売却して、そのお金を有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるようにマンション専門のマンション売却の査定サイト。分譲マンションを査定する為に必要な入力事項も最短45秒程度で完了しますし、パソコンやスマホから一括査定の申し込みが出来ます。

    マンションの査定に特化したサイトなので、分譲マンション売却が得意な会社が参加しており、大手や地場を含めて全国の2500店舗の中から厳選した不動産会社を最大で9社紹介してくれます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや週刊誌にも取り上げられるくらいの人気サービスですので、「自分が所有する分譲マンションを少しでも高く売却したい」と思っている場合は利用して欲しいサービスです。

    また、他の一括査定サイトと違っている部分は賃貸価格の相場も分かるので、「長い期間地方に行くんだけど、将来的には帰ってくるので分譲マンションを売りたくない…。」と思っている人にもおすすめしたいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べてみるとわりと新しいサービスにはなりますが、加入している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめできるポイントです。
    さらに、実際に利用したユーザーから苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解約する事ができるようになっている為、評価の悪い不動産会社は排除し、人気の不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    国内大手の不動産会社から地元に密接した不動産会社まで広く参画しているので、「自分が所有している分譲マンションをできれば高価査定して欲しい」と考えているのであればおすすめの一括査定サイトです。

    分譲マンションの査定項目の入力も1分もあれば査定申込が出来るくらいシンプルで、最大6社から提示される分譲マンションの査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で無料で利用できます。とても画期的なサービスなので、これからさらに利用者の数も増えると思われます。






    イエイ

     イエイは、サイト開始から10年を超える運営実績があり、利用者数400万人以上という人気の不動産売却の一括査定サイト。長年の業績があるので、不動産会社の登録社数も1000社以上と大変多く、最大6社に分譲マンションの査定依頼ができ、その査定額を比較することができます。

    言うまでもなく、ブラック企業は徹底的に排除。これまでの不動産売却で結実されたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社だけを登録しているのです。

    主要な大手の不動産会社はもちろん、地域密着型の不動産会社からの査定金額も比べる事ができるので分譲マンションの標準価格など情報を集める為にも活用したいサイトです。
    公式サイトでは実際に分譲マンション売却で高く売ることができた利用者の声と査定金額も掲載されているので一度見てみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サイトを開始してから10年以上も運営実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力していて、プライバシーマークを取得している企業なので安心して利用できます。

    利用者数も440万人を突破しており、加盟している約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで分譲マンションの査定を依頼することができます。
    「分譲マンションの売却は各会社で数百万も差が出ると聞いたので損するのは嫌だ」という思いがあるのなら、1社にとどまらず多数の不動産会社に分譲マンションの査定申し込みが可能な一括査定サイトを利用してください。

    公式のサイトでは最短45秒のかんたん入力で最大6社から出される不動産会社の査定金額を比較する事ができるのでおすすめしたいサイトです。
    スマイスターのサービスを利用して分譲マンションの売却成立後、10分程度の電話取材に応じるとギフトカードが頂けるキャンペーンを実施中です。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年に運営を開始した国内初の不動産一括査定サイトで、運営歴は既に17年あり安心感があります。

    これまでの不動産売却の実績から悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業のみ約900社が提携しており、最大6社の不動産会社が分譲マンションの査定概算価格を提示してくれます。

    「分譲マンションを高く売りたいから査定相場をチェックしたいけど、不動産会社に1社ずつ査定依頼をするのは手間がかかる…」と思っている場合は、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出してくれた査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。査定相場を調べて分譲マンションを高く売るために是非使いたいサイトです。






    不動産売却コラム

    譲渡所得というのは、資産を譲渡(売却)したことで得た所得のことです。

    マイホームの売却で得た収入も譲渡所得に含まれます。

    所得税と住民税は譲渡所得にもかかってきますが、給与などの所得とは合算せず、別の計算方式を適用します。

    譲渡所得の税率は何段階かに分かれており、売却した物件を保有していた期間が5年を超えていると短期で売却したのに比べかなり低い税率が適用されます。

    住宅を売却する際は、所有期間と税率について理解した上で売却時期を決めると節税になるでしょう。

    将来の隣人との境界争いを未然に防ぐために測量を行い、土地境界確定図を作成するのは、一戸建てや土地そのものを売却する際にはよくあることです。

    何が何でもやらなければというものではないものの、土地価格が高騰している現在では、たった10センチの差が20万位の差にもつながりかねないですし、業者を頼んで測量してもらうことが多いです。

    広さや手間などで費用は変わりまが30坪程度の宅地なら40万円ほどです。

    見積りをとるといいでしょう。

    費用は売り主の出費となりますが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。

    建ってから年数がかなり経過した家の場合、売るなら更地にしたほうが良いのではと相談されることがあります。

    ですが、更地にしたからといって確実に売れるとは限りません。

    男女を問わずDIYやオーダーリノベは人気で、みずからの手で修繕や改造を行いながら住むというのは雑誌で特集が組まれるくらいですし、転売目的に中古を買い、リノベーションを行った上で価格を上乗せして売るのを得意とする不動産業者も少なくなく、手の届く中古というのは意外にも魅力があるのです。

    一戸建てを売った場合、当然代金が入りますね。

    そこから売るのに必要となった経費や購入費などを差し引いて、手元に残るのが譲渡所得になります。

    これは、所得税(正確には譲渡所得税)の課税対象です。

    この税金は、物件を所持していた期間によって税率が変わり、所有年数が5年以下の短期譲渡と5年以上所有していた場合(長期譲渡)とで違い、長期譲渡の方が低い税率となるように優遇されています。

    また、物件がなかなか売れず経費がかさんでしまったり、その他もろもろの事情で譲渡損失が出てしまった場合、長期譲渡の場合のみ、特例として譲渡損失の繰り越し控除及び、損益通算が適用されるので、利用しない手はありません。

    不動産会社が査定額を算出するために行う査定方法は一つではありません。

    「訪問査定」と「机上価格査定」を使い分け、査定額を決定しています。

    不動産会社が現地へ赴き、物件を見ながら査定することが訪問査定と呼ばれるものです。

    物件の情報だけで査定額を計算することを机上価格査定と呼びます。

    物件情報、周辺の売却物件の相場、その会社の持つ取引事例などを中心に査定され、参考価格を決定します。

    机上価格査定では訪問査定で算出される査定額ほどの厳密性は出せませんが、目安にするのには問題ないでしょう。

    意外と忘れている方が多いのですが、不動産の評価額の説明を受ける際はどの位で売れるかということ以外に、最終的な手取りはどの位になるのか確かめておきましょう。

    売却に要する必要経費といえば、不動産業者に払う仲介手数料のほか、契約の印紙代、登記変更費用、各種税金等があります。

    譲渡所得税というのは条件によって税率が違ってきますし、不明点や疑問に思うことがあれば税理士の意見を聞いたほうが安心ですし、可能なら不動産業者と話す際に同席をお願いするのも良いかもしれません。

    他に複雑な事情が絡んでこないのであれば、不動産売却に伴って想定しうる不都合は、税金に関する問題くらいです。

    ただ、新居に引っ越すことを前提に今の家を売る場合には、厄介な問題が起こることも覚悟しておく必要があります。

    売りに出した不動産に買い手が現れると見越して、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、いくら待っても購入を申し出る人が出てこずに得られるはずだった売却代金が準備することができなくなるリスクがあります。

    買い手側が物件を購入後、一般では気付けないような欠陥を見付けた場合、瑕疵担保責任を負う売り手側に修繕を求めることができます。

    適用が可能な期間は、不動産会社が売り手の場合は最低でも2年間以上は確保することになっています。

    しかし、売り手と買い手が個人の場合の取り引きではこの期間が特別定められていません。

    一切その期間が用意されないことも特別なことではありません。

    新居の購入を決めて住宅ローンを組んだ場合、家屋が建築されてから融資スタートというのが大半のケースです。

    すなわち、例えば工事の着工金などのように、注文住宅購入後から建築中に生じた経費はローンを当てにせずに間に合わせなければならないのです。

    従来住んでいた家を売却し、ある程度の元手があるならなんとかなるでしょうが、まだ売り出し中という場合もあるでしょう。

    そこで、短期間のみの融資に対応してくれるのがつなぎ融資です。