トップページ > 神奈川県 > 横浜市

    このページでは横浜市の分譲マンション売却におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「横浜市にある分譲マンション売却で高く売ることができるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    分譲マンションの売却であなたが所有しているマンションを高く売るために大切なことは、「横浜市対応の複数の不動産会社に分譲マンションの査定の依頼をして、その査定額を比較する」ということです。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、横浜市に対応している複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している分譲マンションを高く売ることができます。分譲マンションの売却というのは人生の大きなイベントなので、横浜市にある分譲マンションを損しないように高く売却して、そのお金を有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から分かるようにマンション専門のマンション売却の査定サイト。分譲マンションを査定する為に必要な入力事項も最短45秒程度で完了しますし、パソコンやスマホから一括査定の申し込みが出来ます。

    マンションの査定に特化したサイトなので、分譲マンション売却が得意な会社が参加しており、大手や地場を含めて全国の2500店舗の中から厳選した不動産会社を最大で9社紹介してくれます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや週刊誌にも取り上げられるくらいの人気サービスですので、「自分が所有する分譲マンションを少しでも高く売却したい」と思っている場合は利用して欲しいサービスです。

    また、他の一括査定サイトと違っている部分は賃貸価格の相場も分かるので、「長い期間地方に行くんだけど、将来的には帰ってくるので分譲マンションを売りたくない…。」と思っている人にもおすすめしたいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べてみるとわりと新しいサービスにはなりますが、加入している不動産会社の数が1500社を超えているところがおすすめできるポイントです。
    さらに、実際に利用したユーザーから苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解約する事ができるようになっている為、評価の悪い不動産会社は排除し、人気の不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    国内大手の不動産会社から地元に密接した不動産会社まで広く参画しているので、「自分が所有している分譲マンションをできれば高価査定して欲しい」と考えているのであればおすすめの一括査定サイトです。

    分譲マンションの査定項目の入力も1分もあれば査定申込が出来るくらいシンプルで、最大6社から提示される分譲マンションの査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で無料で利用できます。とても画期的なサービスなので、これからさらに利用者の数も増えると思われます。






    イエイ

     イエイは、サイト開始から10年を超える運営実績があり、利用者数400万人以上という人気の不動産売却の一括査定サイト。長年の業績があるので、不動産会社の登録社数も1000社以上と大変多く、最大6社に分譲マンションの査定依頼ができ、その査定額を比較することができます。

    言うまでもなく、ブラック企業は徹底的に排除。これまでの不動産売却で結実されたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社だけを登録しているのです。

    主要な大手の不動産会社はもちろん、地域密着型の不動産会社からの査定金額も比べる事ができるので分譲マンションの標準価格など情報を集める為にも活用したいサイトです。
    公式サイトでは実際に分譲マンション売却で高く売ることができた利用者の声と査定金額も掲載されているので一度見てみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サイトを開始してから10年以上も運営実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力していて、プライバシーマークを取得している企業なので安心して利用できます。

    利用者数も440万人を突破しており、加盟している約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで分譲マンションの査定を依頼することができます。
    「分譲マンションの売却は各会社で数百万も差が出ると聞いたので損するのは嫌だ」という思いがあるのなら、1社にとどまらず多数の不動産会社に分譲マンションの査定申し込みが可能な一括査定サイトを利用してください。

    公式のサイトでは最短45秒のかんたん入力で最大6社から出される不動産会社の査定金額を比較する事ができるのでおすすめしたいサイトです。
    スマイスターのサービスを利用して分譲マンションの売却成立後、10分程度の電話取材に応じるとギフトカードが頂けるキャンペーンを実施中です。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、業界大手のNTTデータグループが運営する日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年に運営を開始した国内初の不動産一括査定サイトで、運営歴は既に17年あり安心感があります。

    これまでの不動産売却の実績から悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業のみ約900社が提携しており、最大6社の不動産会社が分譲マンションの査定概算価格を提示してくれます。

    「分譲マンションを高く売りたいから査定相場をチェックしたいけど、不動産会社に1社ずつ査定依頼をするのは手間がかかる…」と思っている場合は、わずか1分程度の入力で複数の不動産業者が出してくれた査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。査定相場を調べて分譲マンションを高く売るために是非使いたいサイトです。






    不動産売却コラム

    家屋を売買するのなら、売買契約をして住宅を引き渡すまでに、最低でも半年ほどはかかると思って間違いありません。

    3ヶ月ないし更に短期間での現金化が必要であれば、いわゆる買取制度といって、不動産会社に直接売却するという手段もあります。

    市場価格より割安の取引になるため、本当に買取扱いで良いのか、あくまでも検討が必要です。

    しかしある意味、家をスピーディーに売却できるという意味では非常に有効ですし、ストレスも少なくて済みます。

    掃除や書類を用意するなど細かな作業は苦にならなくても、不動産業者に仲介手数料として売主が支払うべき金額は、自宅を売却するときに大きな支障となりえます。

    手数料を半分に分け、残りの支払いは売却後でも可能な業者もありますが、売却価額次第では100万円を超えることもあります。

    それに、売却で利益が出れば、所得税や住民税がかかってくることもあります。

    移転先へ引っ越すための費用も必要ですし、相応の出費は避けられないでしょう。

    買う側にとってつらいのが消費税の負担です。

    住宅の購入時も対象となるものの、土地は消費税の対象外ですから、土地付き一戸建てであれば消費税は建物代に対してだけ課税されます。

    それと、自宅売却のように売り手が個人の場合は建物にも消費税はかからないです。

    しかし個人の所有であろうと自らが居住する以外の目的で所有していた不動産の場合は、土地以外は消費税の課税対象となりますから、購入者の負担は大きくなります。

    満足のいく価格でマンションを売りたいなら、売却予定物件をなるべく多くの仲介業者に見積もってもらい、相場の把握に努めることが欠かせません。

    売却に際してある程度は知識をもっていないと、買手や業者にいいようにあしらわれ、損をする可能性も高いのです。

    それに、見積りに来た業者の対応等を細かくメモして比較すると、担当者の誠実さや会社の良し悪しが分かる部分もあります。

    一社ごとに感想を記録しておくと良いでしょう。

    まだローンを完済していない家を売却するなら、売却云々の前にすべての返済を終えている必要があります。

    全額なんて到底無理という場合は、債権者(金融機関)と話し合い、条件をつけた上で任意売却を認めてもらうようにします。

    借主が債権者に対し任意売却の申し立てをするのは難しいことから、住宅の任意売却を扱う業者や弁護士等の力を借り、交渉を行うのが一般的でしょう。

    家の良さを体感できるオープンハウスは需要も高く、中古マンションの場合は成約率が高くなることが知られています。

    でも、オープンハウスの開催では注意すべきポイントとして、どの家が売り出し中なのかが周辺住民にわかってしまうことが挙げられ、まさに一長一短と言えます。

    広告がエリア内の一戸建てにもマンションにも配布され、価格や間取りの入った看板なども置かれて目立つように配置されるので、売却が決まるまでは近所に知られたくないという考えであれば、向かない選択肢かもしれません。

    さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙を貼り付けなければいけません。

    不動産の売値に応じて段階が変化することにより、印紙代は高い場合は数十万円にもなります。

    さらに、売主側と買主側が別々に契約書を作成して持つ場合は、どちらも印紙代が必要になります。

    ですが、この場合は印紙代が決定する金額別の段階が先ほどとは違うため、確かめておくといいでしょう。

    不動産物件の売却を考えていて、その物件が共同名義だとすると、委任状を準備して売却に臨む必要があります。

    こうした際には、取り引きを代表して行う人に、他の名義人全員が取り引きをその人に委任する考えを明示した委任状を用意しなければなりません。

    この委任状は無期限で有効なので、ひとたび受領したものは契約成立までの間ずっと有効です。

    売主は不動産を売る際に必要なものとして印鑑証明と実印があげられます。

    これらは法務局で所有権移転登記のためにいるもので、買う人は印鑑証明も実印もいらないのです。

    もしも、支払いをローンで行うならそうではありません。

    ローンを利用するなら必ず必要なものとして印鑑証明と実印と言われるでしょう。

    さらに、連帯保証人がいる場合は連帯保証人にも印鑑証明と実印の準備をお願いしてください。